Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>








qrcode



素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

メールフォーム
チャームと詩音
小動物
里親募集
ログピ
人生折り返し地点を過ぎた50代主婦の気ままなひとりごと
日々の出来事・poemなどを綴っています

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2012.12.09 Sunday | - | - |

情けなくなる・・自分の体調
21:23
今日は朝からだるさがMAX、、、
背中の痛みもかなりひどくて。。。

私の病気は難病指定になっている腎臓と肝臓の疾患。

難病指定なのに、ある程度の機能が維持出来ている間は
公的な補助は何もない。
日本の福祉なんて 本当にあてにならない。

痛みがひどくだるさもMAXが続くと
生きていることさえ辛くなってくる。

主人には 家事の負担、経済的な負担をかけて
迷惑ばっかりかけているし。

私が主人の役に立つことなど殆どないに等しい。

今夜は なんだかうつっぽいなぁ・・・

「精神病になったら離婚だ!」といわれている私。
「気持ちを強く持て!病気に負けるな!」と励ましてくれる主人。

主人のささえがあってこその命だけど・・・

今夜は生きていることが本当につらくて

この先もっともっと迷惑をかけるのかなぁと思うと
切なくて・・・

ごめんね。。。

落ち込む私に応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村


| 2011.11.14 Monday | ひとりごと | comments(1) |

検査結果
21:58
先週に引き続き 病院へ検査と診察に行ってきました。
前回の数値では 再入院が濃厚と言われていましたが
今回 驚愕の数値(良い方で・・)になっていたため
再入院は免れました。

一昨日 銀司が私のために 犠牲になってくれたのかもしれないと思うと
銀司は本当に親孝行な長男くんです。

今回の数値でかなり快方に向かったとはいえ
まだ仕事復帰の許可が貰えず
当分は自宅療養になります。

体力が極端に落ちているらしいので
だるさや背中やお腹の痛みが堪えます。。。。

それでも 再入院にならなかっただけ
よし とするほかはありません。

再入院にならずに済んで 一番喜んでくれたのは
何といっても主人です。

主人は 自宅療養中の私を支えて
家事の大半を担ってくれています。

仕事をしながらの家事労働。
本当に頭が下がります。
主人に感謝!

話は変わって・・・・・・・・
銀司が逝ってから たったの2頭になってしまった
剣太&豪太

ケージのなかでなんとなく寂しそうです。

放牧の時間には いたずらしながらも
銀司の周りを離れなかった2頭なので
2頭だけで遊んでいると 時々 銀司を探す様子をします。

それを見ると 悲しみが新たに湧き上がってくる。

剣太&豪太は 先月2歳になったばかり。
まだまだ元気盛りです。

いつまでも・・長い生きして欲しいと願う2フェレの母 樹那でした。


いつものように応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.11.12 Saturday | ひとりごと | comments(2) |

ありがとう・・・そしてさようなら・・銀司
20:35
2011年11月10日15時・・・初代長男銀司 虹の橋を渡りました。
あまりにも突然で・・言葉が出ません。

亨年6歳11ケ月・・あと数日で7歳のお誕生日を迎える筈でした。

数週間前から銀司の老いが目立ってきたな・・とは感じていたのですが。
まさか・・こんなに早く旅立ってしまうとは思ってもいませんでした。

約7年前の結婚記念日に主人がプレゼントしてくれた銀司です。

初めてのフェレットで 主人も私も 本を読んだり ネットで調べたりしながら
赤ちゃんの銀司を育てました。

ベビなきをして抱っこをせがむ銀司
ついつい甘やかしてしまった銀司
一人遊びが出来なくて いつも私の膝に登って抱っこされたがった銀司
ミルクが大好きで なかなか離乳食を卒業出来なかった銀司
放牧すると部屋の隅々を点検して歩いていた銀司
里子できた美鈴に恋をした銀司
次々にくる里子達に穏やかに接してくれた銀司
フリースが大好きで 真夏でもフリースのトンネルに入っていた銀司
高齢になってからは 眠っている時間が長くなり
放牧しても すぐに抱っこばかりだった銀司

今朝 放牧のあと ケージにもどした直後に
じっと私を見つめる銀司がいて
ケージを開けてあげると 一目散に抱っこされてきた。
かなり長い時間 ずーっと抱っこをしていて・・・
眠ったのを確認して ケージに戻した。

昼すぎから 剣太と豪太に囲まれて 眠っていた銀司

いつもと同じ光景で 眠っていると思っていた銀司
なんだか嫌な胸騒ぎがして 
銀司を抱き上げると うっすら目を開け私を見つめ
そのまま動かなくなってしまいました。

撫でてもさすっても 動かない銀司

虹の橋を渡ったと 納得できない私がいました。

でも・・・銀司が再び起き上がることはなく
銀司は 私や主人が手を焼くこともなく
静かに虹の橋を渡っていきました。

あまりにもショックで
しばらく茫然としていた私です。

大好きだったミルクとジャーキーを枕元に置き
眠っているかのような優しい顔で 永眠しています。

我が家のパイオニアだった銀司が亡くなったことで
何か一つの時代が終わったような気がしています。

かわいい銀司
ママの子になってくれてありがとう!
たくさん抱っこさせてくれてありがとう!
虹の橋の向こうには 銀司の初恋の美鈴姉ちゃんも
詩音も龍次も待ってるから・・
ママがそばにいられなくても 寂しくないよね?

いつか・・また会おうね!
ありがとう・・銀司・・・


ショックで落ち込んでいる私を応援してください。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.11.10 Thursday | フェレット | comments(3) |

失望・・絶望・・焦り・・
15:19
闘病生活を続けてはや6ケ月。。。
いまだに 体調は不安定です(涙)

我が家は今 究極の非常事態に陥っており
こうしてのんびりPCにむかっている暇はないはずなのですが・・

焦って動き始めても
病気が完治して居る訳ではなく。。。

私としては 今 ほとんど何も出来ない状態です。。。

どうしたらいいんだろう?

涙も枯れ果ててしまいました。

今は ただただ 焦りばかり。。。

旦那は ひとまず走り出したけど
私は取り残されたままです。

一緒に頑張ろうって言ってくれる主人の優しさが
妙につらく感じられます。


応援 よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.11.01 Tuesday | ひとりごと | comments(2) |

さよなら・・・・龍次
09:09
昨夜 2011年10月10日 午後11時過ぎ・・・
龍次が息を引き取りました。
亨年推定7歳・・・でした。

龍次は 結婚のため 飼えなくなってしまったという女性から
詩音と一緒に里子で我が家へやってきました。

当時2歳という情報でしたが
何故か出生証明書がなく
病院で健康診断を受けさせた時
かかりつけの主治医から
「この子は3歳か4歳になってるかもしれないね」と言われました。

長男の銀司が3歳になったところだったので
同じ年にしました。

いたずら盛り 元気盛り という感じで
部屋中の探索が大好きで
特にお気に入りは 「僕のくまさん」と私たち夫婦が呼んでいた
手のひらサイズのぬいぐるみのクマ

必ず熊さんを秘密基地に連れて行っては 
すごいだろう・・という得意げな顔をしていました。

インスリノーマを発症してからは
たびたび
低血糖の発作を起こし
何度も何度も死にかけて・・・・
心配ばかりさせられたけど
そのたびに 生還してくれて
龍次は生命力が強い子だねって
ほめてあげていたのに・・・

昨夜は・・・苦しみ出して
大きな声で鳴いて・・・
あばれて・・・
本当につらそうでした。

ずーっと抱っこしてあげていたけど
龍次の苦しみが終わるときには
この子の命が終わる とわかっていたけど
早く楽にさせてあげたくなるほど
最期は本当に苦しかった龍ちゃん。

龍ちゃんは 最後に泡を噴いちゃって
首を私の方へグーッとあげて
悲しげに一鳴きして 息を引き取り
虹の橋を渡っていきました。

やっと静かになった龍ちゃんは
あんなに苦しがったのに
デスマスクは 安らかないつもの龍ちゃんに戻っていて
ママは安心しましたよ。。。

龍ちゃん、
ママの子になって 幸せだったかな?
前のお母さんにも 龍ちゃんが最期まで頑張ったことを伝えたからね。

虹の橋の向こうには
先に逝った 美鈴姉ちゃんと詩音が待ってるはずだから
ちゃんと歩けるようになって
たくさん遊んでね!

龍ちゃん、ありがとう♪
龍ちゃん さようなら
また ママの子になって戻ってきてね。。。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.10.11 Tuesday | フェレット | comments(2) |

母のトライアル宿泊
09:29
先日の連休・・・母が我が家へ同居のためのトライアル宿泊にやってきました。

母は一見どこも悪くなく健康そのものに見える。

でも 認知症を発症しているので
何度でも同じことを聞くし 何度でも同じことを繰り返してやっている。

介護職をしている私でさえ
家族の認知症には ちょっとイライラする。

主人は なるべく普通に接しようと努力してくれていたけど
やはり 相当イライラしたらしい。


食事は3人でのんびり食べる。
これは大丈夫だった。

夜は 3人でいろんな話に花が咲いて
夜更かししてしまいました。

就寝時は 母の寝付きもよく
ぐっすり眠れた様子。

翌日は 私が大変お世話になった方に会うために
友部まで行ってきた。

途中 母は車のなかで退屈そうだったけど
なんとか大丈夫だったみたい。

お世話になった方と美味しいおそばをいただいて
しばし歓談してから失礼してきました。

友部は遠くて 帰宅したら 夕方になってしまったので
母を母の家へ送り届け
トライアルは無事に終了しました。


母が帰宅してから 主人との会話で
思った以上に認知が進んでいること。
思った以上に母の世話に手がかかることなどを確認し
同居を選択するか・・
それとも早めに施設への入居を考えるか
今一度 再考をすることになりました。

母は施設は嫌がっているんだけど
薬の飲み忘れや 日常生活の危険度(火の取り扱いなど)を
考慮すると・・・・

施設の方が職員さんの目が行き届くかもしれず
私自身も迷い始めています。

うーーーーーーん 難しい問題だ!

いつものようにポチっと応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.09.21 Wednesday | 家族 | comments(0) |

体調と主人・・・
17:57
退院してきて2ケ月が経つというのに
まだ数値が正常に戻らず
入院中と同じ薬で治療を続けている私。

その薬がとても強いらしく
副作用が嘔吐・じんましん・焦燥感など
いろいろでてきてしまい
正直 しんとい毎日。

自分の食事は 本当に食欲がないので
一人の時はまともに作る気になれず
適当なもの(例えばヨーグルトなど)で済ませてしまう。

朝食は主人のものだけ作り
お弁当も作る。

昼食は上記のようなもので終わりにしてしまい、
夕食は 主人用と自分用をわけて作る。

主人は毎晩晩酌するのがたのしみな人なので
酒の肴は2〜3種類用意する。

その後 ご飯は食べないようにしているので
(ビールのカロリーでその上ご飯を食べたら太っちゃうからね)
お吸い物かおみそ汁を作る。

簡単といえば簡単だけど
主人は好き嫌いが多いので
毎日頭が痛いよ・・・・

これを書いていたら
帰るコールがきたので
愚痴の続きは次回に・・・・


いつものように応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.09.05 Monday | ひとりごと | comments(0) |

薬の副作用と日常の弊害
11:51
7月2日に退院してから
明日で2カ月になります。

今日は9月1日だもんね・・・

入院中に痛み止めの麻薬を変えたのですが
パッチと呼ばれる皮膚にはりつけるタイプのもの。

痛み止めの効果はバッチリなんだけど、
かなり眠くなるのです。

そのため 何の予定もない日には
1日中眠ってます。

それも薬で眠っているので
熟睡という訳ではなく
1時間眠ると目が覚めて・・・
またすぐに眠れちゃうという
とても気持ちの良くない睡眠なんです。

CRPを下げるために飲んでいる
劇薬に近い怖い薬の副作用は
吐き気と嘔吐・・・

これもまた かなりしんどくて。。。。。。

体中脱力感で 動けなくなります。

今の生活は 主治医に言われた通り
「生活の場が病院のベッドじゃなくて家の布団に変わるだけ」
そのものを実践しています。

これじゃぁ・・・社会復帰なんか 
いつになったら出来るのか
疑問です。

腎機能は とうとう身体障害者レベルまで落ちました。

でも いまのところ一番下のレベルなので
身障者手帳の交付手続きは見送っています。

病気になりたくてなったわけじゃないけど
健康な方々を見ると 本当に羨ましい。

主人は健康そのものなので
私の辛さは「病は気から」と簡単に片付けようとするんだよね。。。
これ↑本当に腹立たしい。

主人いわく「俺は病人は嫌い。お前は病気持ちだけど
健康な人のように明るくいてほしい」って。

主人の要望にこたえたいので
あんまり具合悪いことをグダグダ言わないようにしてるけど
主人には 私の顔色一つで バレばれなので
「無理するな」と言ってくれることもある。

主人なりに 私に気を使ってくれてるのかもしれない。

全く動けなくなる日が少なくなってきたので
多少は感染症の改善がみられるのかなぁとおもいきや・・
CRPはあんまり良くない数値だし。。。。

ああああああああああああ・・・・
本日 愚痴モード・・・

失礼しました。

今日もいつものようにポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.09.01 Thursday | ひとりごと | comments(0) |

料理の腕・・・もう やだ
07:24
我が家のご主人さまは 好き嫌いが多い。
嫌いなもの
・かぼちゃ
・茄子
・冬瓜
・人参
・さつまいも
・ゴーヤ
・練り物(全種類)
・酢の物
・煮もの
・雑炊
・おかゆ
・鶏肉
・豆腐
・西京漬けなどの魚
・アジの開き
・見た目がグチャッとしたもの全般
・パン(全種類)

これらのものは 形を変えようが
味付けをかえようが
手をつけず 一切食べません。

食べられるものの方が少ないんじゃないかと思うほどの嫌い多し!


で・・・食べられる物を使って料理をすると
「レパートリーが少ない」
「いつも目先が変わらない」など
文句を言われるわけです。

主人とのけんかの原因の9割は食事が原因。


私は 美味しく食べられれば なんでも食べるのに。。。。

盛りつけの仕方がセンスないとか言われ続けると
自信もなくなるし やる気も失せる。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜やだ やだ♪


愚痴バージョン 失礼しました。

いつものように応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.08.30 Tuesday | ひとりごと | comments(0) |

挫折と新しい企み・・
06:31
数日前にアラフィフの手習いの記事を書きました。
その後の経過報告です。。。


実は 何度挑戦しても まともに作れないんです。

私には タティングの才能が皆無かもしれません。

諦めかけてます。だって出来ないものは出来ないんだもの!


でもね・・・悔しいじゃないですか・・・

やっと新しい何かを見つけたと張り切っていたのに。


そこで、お教室をさがしてみたところ
都内で単発で講座を開いているところを見つけました。

次回は9月4日で 初心者限定クラスです。


まだ体調が本調子じゃないので
主人からのOKを貰えてないのですが・・・

初心者限定クラスは毎月2〜3回あるみたいなので
4日をのがしても 再チャレンジでsきそうな気配。。。


ひとつでいいから 作品にしてみたいんです。

いつか・・必ず お教室に参加してみようとたくらんでいるじゅなです。


そういえば・・先週の土曜に診察 行ってきました。

結論から言うと 入院時の病気 まだ治っていません。

数値が安定しないんです。

私の主治医が「僕だけの手に負えなくなってきた」
と心もとないことをおっしゃるし・・・・

専門医(細菌学)のセカンドオピニオンを受けることになりました。

こちらも都内の某大学病院ですが
9月に入ったら行く予定です。

自分の体のことなので
まだ細菌が絶滅していないことはわかっていました。
だって・・
痛みが取れないですから・・・

主人は 「後戻りする治療はもう効果がないと○○先生(←主治医のこと)もお手上げなのかなぁ?」
と心配半分 諦め半分 の様子。

私にとって主人が一番の支えなので
主人がそういう調子だと 
私も不安になってしまいます。

セカンドオピニオンをうけてから
病気の改善をしてから
新しい講座を受講してもいいかもね・・

病気が治ったら お祝いに ご褒美に!


いつものように ポチっと応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.08.29 Monday | ひとりごと | comments(0) |