Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>








qrcode



素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

メールフォーム
チャームと詩音
小動物
里親募集
ログピ
人生折り返し地点を過ぎた50代主婦の気ままなひとりごと
日々の出来事・poemなどを綴っています
<< 少しずつ・・・片づけて | main | 普通の日常・・・ほっこり幸せ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2012.12.09 Sunday | - | - |

認知症の母と・・・
17:05
母は 脳血管性認知症です。
この病気は 小さな脳梗塞の発作を何度も繰返し
そのたびに 出血を起こした周辺の脳細胞が死んでいってしまうものです。
アルツハイマー型の認知症とは違い
全体的に痴呆の症状が出るというものではなく
全く普通に出来ることもたくさんあります。

母の場合は 短期記憶にかなりの障害が出ているので
同じことを何度も聞いたり 
人の話を理解することが苦手です。

そんな母に母のかかりつけ病院から処方された薬を
正確な量 正確な時間にのませることが 
こんなにも困難なことになるとは想像もつきませんでした。

母は自分で自分が人から説明されたことを
克明に記録するのですが
それが いつ 何のために書いたのかさえ
忘れてしまうのです。

今 母と同居していないので
電話や母のところに出向いて確認したり
説明したり していますが

母は あまり自分の病状に自覚がないため
母のプライドを傷つけたりしてしまうようです。

年内もしくは年度末までには同居の予定ですが
それさえ 母は 毎日気持ちが変わるのか
「あんたの世話にはなりたくない」
「一人でやれるから大丈夫」とか・・
心配している私を突き放そうとします。

そこへお金の問題などが絡むと
一層面倒なことになり 

仕事で介護をするのとは 全然違う意味で大変です。

この先・・・母の認知症がどのような形で進行していくのかさえ
予想がつかない状態だけど
同居を始めて どんな暮らしが始まるのかは
なんとなく想像がつきます。

母の理不尽な行動に私がイライラして
喧嘩になったりするのかなぁ・・・って

母はまだ78歳になったばかり・・・

腸閉塞など起こしやすい体質ではあるけれど
他の病気はないので 比較的元気です。

私はまだ 入院時の体力から完全復帰していないため
体力がなく すぐに疲れたり眠くなったりしてしまいます。

それもきっと母には ダラダラしているとしか思われないんだろうなぁ
と 想像すると
かなり憂鬱です。

私をずっとみている主人は
「同居して お前は大丈夫なのか?
病気が悪化したりしないのか?」と心配してくれます。

主人にしてみれば 認知症の母に振り回される私が想像出来るんでしょうね・・・

私は自分の体力のなさに辟易しながらも
今後の母との生活 本当にやっていけるのか?と
本気で不安です。

主人は母とは他人なので
「無理してお前が倒れるような状態になるなら
最初からお母さんには施設に行って貰う方がいいんじゃないか?」と
言われました。

ここ数日 母の用事で一緒に外出することが多かった私は
主人の言葉に揺れ動いてしまいます。

認知症・・・・難しいです。

いつものように応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村


| 2011.08.24 Wednesday | 家族 | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2012.12.09 Sunday | - | - |
Comment