Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>








qrcode



素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

メールフォーム
チャームと詩音
小動物
里親募集
ログピ
人生折り返し地点を過ぎた50代主婦の気ままなひとりごと
日々の出来事・poemなどを綴っています
<< 痛みが止まらない | main | 母と娘・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2012.12.09 Sunday | - | - |

もう暫くは…
15:56
なんだか調子が悪い…

昨夜 あまりの痛みに耐えかねて 早寝したんだけど
案の定 薬が切れた頃に目が覚めて
結局 真夜中2〜3時間 唸りながら起きてた…

それでも今朝はいつも通り 5時に起床して
ボーっとした頭にカツを入れる為に 熱いお風呂に入った。

血行がよくなると 一時的に 痛みが収まる。

痛みが落ち着いているうちに
銀ちゃん 龍ちゃん 詩音ちゃんの世話をして

3フェレを遊ばせながら 主人の朝食作って…

我ながら 偉い と自画自賛しつつ
仕事に出てきた。

仕事場では 適当に自分のペースで動き回り
痛みを逃しながら なんとかやってるけど
この状態で帰宅すると
夕食の支度はパスしたいという感じかな。

幸い主人の趣味が料理だから 今夜も甘えちゃおうかな…



今 処方されている痛み止めの薬が効かなくなったら
次の処方は 麻薬になる。

数年前までは ずっと麻薬を処方されてたけど
肝臓を半分摘出する手術の為に
麻薬を切った。
その時 <ヤク中>そのもので
丸々1週間 禁断症状と戦った。
あれはしんどかった!

またあの経験をする可能性があるやも知れず
それならば 麻薬はお断りして
痛みを堪えた方がまだマシかもしれない。

痛みのせいで 普通の生活が出来なくなった時に
究極の選択をしようと思う。


主人は 私を心配して
仕事の手を休めてでも
電話なり メールで連絡をくれる。

主人には私しかいないから
あまりにも早い時期に
彼を置いて別世界へはいかれない。

喧嘩すると必ず別れ話に発展する夫婦だけど
主人を一人に出来ないよ。

だから もう暫くは 私を生かして下さい。

同じ病でなくなった父の年齢を超えた私。
父の時代より医学の進歩によるところが大きい。
でも 完治する事はない。

病との共存。
痛みとの闘い。

こんな私の目標は 日々明るい笑顔で暮らす事。

自分の為に
主人の為に

そして 私を支えてくれる全ての人々の為に。

| 2009.01.24 Saturday | 健康 | comments(1) |

スポンサーサイト

| 2012.12.09 Sunday | - | - |
Comment
旦那さまはお夕食の準備をしてくださったかしら。
きっとテーブルに美味しいものが並んでいたことでしょう。
私しかいない…一人にはできない…
その思いが旦那さまにはちゃんと通じているでしょう。
喧嘩はね、相手の存在確認であって、コミュニケーションの手段なのでしょうね、お2人にとっては。
別れ話はね、『ずっとあなたと一緒にいたいのよ。最期までね』の気持ちの裏返し。

人間は
毒にはなっても、薬にはなれないのかしら。
薬になりたいよ。
From.ヒロコ・グレース 2009/01/24 11:04 PM