Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>








qrcode



素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]

メールフォーム
チャームと詩音
小動物
里親募集
ログピ
人生折り返し地点を過ぎた50代主婦の気ままなひとりごと
日々の出来事・poemなどを綴っています

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2012.12.09 Sunday | - | - |

母のトライアル宿泊
09:29
先日の連休・・・母が我が家へ同居のためのトライアル宿泊にやってきました。

母は一見どこも悪くなく健康そのものに見える。

でも 認知症を発症しているので
何度でも同じことを聞くし 何度でも同じことを繰り返してやっている。

介護職をしている私でさえ
家族の認知症には ちょっとイライラする。

主人は なるべく普通に接しようと努力してくれていたけど
やはり 相当イライラしたらしい。


食事は3人でのんびり食べる。
これは大丈夫だった。

夜は 3人でいろんな話に花が咲いて
夜更かししてしまいました。

就寝時は 母の寝付きもよく
ぐっすり眠れた様子。

翌日は 私が大変お世話になった方に会うために
友部まで行ってきた。

途中 母は車のなかで退屈そうだったけど
なんとか大丈夫だったみたい。

お世話になった方と美味しいおそばをいただいて
しばし歓談してから失礼してきました。

友部は遠くて 帰宅したら 夕方になってしまったので
母を母の家へ送り届け
トライアルは無事に終了しました。


母が帰宅してから 主人との会話で
思った以上に認知が進んでいること。
思った以上に母の世話に手がかかることなどを確認し
同居を選択するか・・
それとも早めに施設への入居を考えるか
今一度 再考をすることになりました。

母は施設は嫌がっているんだけど
薬の飲み忘れや 日常生活の危険度(火の取り扱いなど)を
考慮すると・・・・

施設の方が職員さんの目が行き届くかもしれず
私自身も迷い始めています。

うーーーーーーん 難しい問題だ!

いつものようにポチっと応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.09.21 Wednesday | 家族 | comments(0) |

認知症の母と・・・
17:05
母は 脳血管性認知症です。
この病気は 小さな脳梗塞の発作を何度も繰返し
そのたびに 出血を起こした周辺の脳細胞が死んでいってしまうものです。
アルツハイマー型の認知症とは違い
全体的に痴呆の症状が出るというものではなく
全く普通に出来ることもたくさんあります。

母の場合は 短期記憶にかなりの障害が出ているので
同じことを何度も聞いたり 
人の話を理解することが苦手です。

そんな母に母のかかりつけ病院から処方された薬を
正確な量 正確な時間にのませることが 
こんなにも困難なことになるとは想像もつきませんでした。

母は自分で自分が人から説明されたことを
克明に記録するのですが
それが いつ 何のために書いたのかさえ
忘れてしまうのです。

今 母と同居していないので
電話や母のところに出向いて確認したり
説明したり していますが

母は あまり自分の病状に自覚がないため
母のプライドを傷つけたりしてしまうようです。

年内もしくは年度末までには同居の予定ですが
それさえ 母は 毎日気持ちが変わるのか
「あんたの世話にはなりたくない」
「一人でやれるから大丈夫」とか・・
心配している私を突き放そうとします。

そこへお金の問題などが絡むと
一層面倒なことになり 

仕事で介護をするのとは 全然違う意味で大変です。

この先・・・母の認知症がどのような形で進行していくのかさえ
予想がつかない状態だけど
同居を始めて どんな暮らしが始まるのかは
なんとなく想像がつきます。

母の理不尽な行動に私がイライラして
喧嘩になったりするのかなぁ・・・って

母はまだ78歳になったばかり・・・

腸閉塞など起こしやすい体質ではあるけれど
他の病気はないので 比較的元気です。

私はまだ 入院時の体力から完全復帰していないため
体力がなく すぐに疲れたり眠くなったりしてしまいます。

それもきっと母には ダラダラしているとしか思われないんだろうなぁ
と 想像すると
かなり憂鬱です。

私をずっとみている主人は
「同居して お前は大丈夫なのか?
病気が悪化したりしないのか?」と心配してくれます。

主人にしてみれば 認知症の母に振り回される私が想像出来るんでしょうね・・・

私は自分の体力のなさに辟易しながらも
今後の母との生活 本当にやっていけるのか?と
本気で不安です。

主人は母とは他人なので
「無理してお前が倒れるような状態になるなら
最初からお母さんには施設に行って貰う方がいいんじゃないか?」と
言われました。

ここ数日 母の用事で一緒に外出することが多かった私は
主人の言葉に揺れ動いてしまいます。

認知症・・・・難しいです。

いつものように応援よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村


| 2011.08.24 Wednesday | 家族 | comments(0) |

少しずつ・・・片づけて
12:23
母の認知症の症状が少しずつ進んできています。
今は 一緒に暮らしていないので
電話や2〜3日おきに様子を見に行ってます。

このまま別々に暮らしていると
いつか・・・・母が取り返しのつかないことを(たとえば火事とか)起こしかねないので
年内もしくは年度末をめどに うちの方へ引き取ることにしました。

ただ今の部屋はとてもせまく
主人と二人ならば充分の広さですが
母と同居となると 一部屋足りません。


そこで・・・その時期までに引っ越しを考えています。


母を引き取るという状態に合わせて
私のつかわなくなった昔の趣味のものなど
処分を始めようと思っています。


まだまだ体力的に本調子じゃないので
少し動いては 休憩し
また 動き出すといった状況で
なかなかはかどりませんが

時間は充分にあるので のんびり頑張ろうと思います。


主人は 同居に関して
もろ手を挙げて大賛成というわけではなく
私が一人っ子なので 仕方なく・・・了承した
そんな感じです。

だから 同居になったら 今まで以上に主人に気を使わないといけないですね・・
わがままな主人だけど 根は優しい人だから
母ともきっとうまくやってくれると信じてます。

主人の仕事が今 朝とても早いので
毎日3時起きしていると
体のリズムが普通じゃない。。。。。

午前中は 一通りの家事を済ませても
まだ9時にもならないほどだし

一日がとても長く感じられて
だるくなるとすぐに横になってしまう私です。

普通の健常者と同じように動ける体力が欲しいです。


いつものように応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2011.08.22 Monday | 家族 | comments(0) |

高齢になると・・
12:15
もうすぐ6歳になる長男 銀司くん

小さいころから おっとり型ではあったけれど 
活発とは程遠い銀司くんは 最近 足腰がかなり弱ってきました。 

 高い所に登るのも・・足元がおぼつかない様子 歩く姿も 
何となくよぼよぼしてきた感じ 

  亡くなった美鈴も 足腰が弱り始め 体力が落ちて行ったことを思い出します。 

忍び寄る老い・・年には勝てないのはわかっているけど
 いつまでも元気で長生きして欲しい

ところで 先日 腸閉塞で緊急入院した母が 
とうとう 介護認定通知を受け取ってしまいました。

かかりつけの大学病院でMRIと心理テストを受けた結果 
「脳血管性認知症」と診断されました。

現在は いわゆるまだらボケの状態なので
 理解出来ること 自分で出来ることと 忘れてしまうこと 
自分ではどうにもちゃんと出来ないことの落差が激しい 

普通の時は 本当に 認知症なの?と 思ってしまうほど 
元気だし 溌剌としていることもある。 

でも・・認知症特有の症状を呈するときもあるので・・・ 

そんな時は 改めて 愕然としてしまいます。

介護に携わる私は 母の今後が なんとなく見えてしまうのですが

母が認知症だということを受け入れられないのは 当の本人ではなく 
むしろ 娘である私の方。。。。 
いつまでも元気だと思い込んでいたというか・・ 
母の老いを受容できない娘です。。 

これから 在宅介護のケアプランを作成していくことになるのですが・・
 私に母の介護が出来るのか・・ 今後の母の変化に対応していくことが可能なのか・・ 

正直言って かなり不安です。。。。 

在宅で 介護をなさっていらっしゃる方々のお話を聞いてみたい・・と 思っています。
 私が働くホームは 
在宅での介護が無理になってしまった方が入所しているので その家族の話を聞いても・・
あまり参考にならない・・といのが現実 

認知症は 症状が進行していく病気だから・・
 いつかは・・在宅介護が無理になるのかなぁ・・・・


悲しいです。 にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

| 2010.11.24 Wednesday | 家族 | comments(6) |

成人式
18:02
一人住まいをしている大学生の長男
めでたく成人式を迎えました。

今夜はバンドのライブに出演が決まっていたので
昨日 長男のお祝いに
私の母と社会人の長女と主人と私で
ささやかな食事会をしました。

久しぶりに家族で食事会出来て
一番喜んでたのは私かもしれません。

子供が成人式を迎えるのは 初めてではなかったけど
やっぱり嬉しいものです。

小さい頃を思い出して
なんとなく感傷的になっちゃった。

この先の心配は
娘の結婚と長男の就職…

親は 子供が幾つになっても
心配の種は尽きない。


私の母も いい年になった私を心配してくれてるのかな〜?


親って ありがたいです。。。

| 2009.01.12 Monday | 家族 | comments(0) |

主人からのメール
13:04
朝から PCで仕事しています。
今は ちょっとだけ 休憩タイム


杏菜は いろんな出来事に流されて
自分を見失っていくような気がして・・
時々 主人に 八つ当たりしてます。
主人は 黙って聞いてくれる人ではないので
必ず そこで喧嘩になってしまいます。

主人は 「そんなに 自分のことを大事にできないなら
さっさと 死んでしまえ」って言うの。
主人特有の 逆説的な励ましであり
自暴自棄になりそうな杏菜を諫めてくれてるんだとわかってるのに
杏菜は 素直になれません。


杏菜は わがままで気まぐれで身勝手で・・・
病気もちで 意地っ張りです。


杏菜が 大切に保管している主人からのメールを転載します。
バレンタインデーの夜 喧嘩して その翌朝にくれたメールです。

昨夜はごめん
バレンタインのチョコレートありがとう
寒い日が続いています。
血圧の変動には特に気をつけてください。
昨日も言ったけど
俺には ○○○←(杏菜の本名)の明るい笑顔が
何よりも財産であり宝ですから!
そこのところ よろしく
行ってきマース


主人は 面と向かって優しい言葉をかけてくれる人ではないのです。
優しい言葉をかけてくれるのは
いつもメールだけ

でも・・こんな杏菜でも 大事にしてくれてる。
だから 主人を悲しませないためにも
いつも笑顔で 明るい杏菜で 生きていかなくちゃ

ランキングに参加しています。
ポチッと応援 宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
JUGEMテーマ:日記・一般



| 2008.02.22 Friday | 家族 | comments(2) |

聖バレンタインデー
10:38
今日は 2月14日 聖バレンタインデー
朝の民放のニュースでも 話題になってました。

我が家では 出勤前の主人が
「バレンタインデーかぁるんるん」と
これみよがしに 独り言を呟いていました。
モチロン私は ちゃんと 用意しておいたよわーい
朝のお茶を主人の前に出す時 一緒に 目の前におきました。

「ありがとう。でもどうせお前が食べるんだろ〜」と言いながら
毎年の事だけど やっぱり嬉しいみたい。

中身を確認して 仕事に行ったよ。
最寄りの駅まで送る車の中で、主人と私の共通の友人にチョコを貰ったかどうか 電話してみよう って言ってました。

「あいつ、貰ってなかったら可哀想だなぁ」とか 言っちゃって

自分だって 妻からしか 貰えないかもしれないのにね。

男の人って いくつになっても 子供みたい。。。

| 2008.02.14 Thursday | 家族 | comments(0) |

今日も主人に・・
15:16
今にも雨が降り出しそうな 関東平野です。

今日は お彼岸のお中日。
お墓参りに出かけていらっしゃる方々も多いのではないでしょうか?
我が家では・・お仏壇にお花とお供えだけで・・
お墓参りは 日を改めて・・ということになりました。

明日 大変お世話になった方の納骨なので
朝早くに外出の予定なんです。
なので・・自分のところのお墓参りは 後日になっちゃいました。。

______________________________

先日来 私の血圧が またしても 異常値を示しております。
一日の日内変動揺れ幅が相当大きくて・・
たった30分くらいの中で 40〜50ほどの変動があるんです。
その最中には 動悸も激しくなるので
正直言って かなり しんどい。。。
急激に上昇するのであれば 薬を使うことも出来るらしいけれど
私の場合は 急降下 のタイプなので
どうすることも出来ずに ただただ 安静にしているだけ・・
急降下の最中は 突然 眠くなってしまったり
だるくて 立っていられなくなったり・・と
日常生活の上では 不便というか、
困った状態になってます。

それでも・・入院加療が必要というわけでもないので
いつものように??ダラダラして 過ごしてます。

そんな状態なので 主人の食事も 手を抜きっぱなしです。

おなかが空くと 野獣に変身する彼は
待っていられなくなると 自分で自分の食事の用意をしています。
ついでに 私の分も 作ってくれるので
ラッキーといえば そのとおりなんだけど・・

今日のお昼ご飯は 朝食兼用にしようと思っていたんだけど
案の定 私の体調が いまいちになっちゃって、
主人は 自分でラーメンを作って食べていました。

私の分として マフィンを焼いてくれたり
サラダを盛ってきてくれたり・・

私の体調が あんまり芳しくないときには
同じものを食べられなくなってしまうので、
主人にとっては 二度手間・・なんだけど。
文句も言わず・・ならいいけれど
一応 ブツブツいいながら・・やってくれてます。

どうせ やってくれるのなら 
文句言わないで やってくれたらいいのになぁとおもうのは
私の我侭なんでしょうね・・

なんだかんだ・・いいながらも 
主人が何でもやってくれるおかげで
私は ノンビリしていられるし。
感謝 感謝の毎日です。。。

今夜も 何か作ってくれるかなぁ??


ランキングに参加しています。
応援 よろしくお願い致します。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ

| 2007.09.23 Sunday | 家族 | comments(1) |

意識不明に・・・そして・・喧嘩を・・
13:32
7月になりました。
まだ梅雨が明けませんね・・・
雨模様の天候は ちょっと 辛いです。。

さて・・美鈴の様子ですが

先週の金曜日に 知人から 突然のお誘いを受け
夕方から 主人と一緒に 外出しました。
それほど 帰宅が遅くなるとは思いもせず
美鈴のミルクを後回しにしてしまったのです。
そして・・深夜に帰宅し 当然ながら 美鈴も銀司も眠っていました。

ミルクを一度 抜いても・・大丈夫??という安易な思い込みで
眠りについてしまった 私。

翌早朝・・意識不明になっている美鈴を発見。。。
驚愕の一瞬でした。

揺すっても 呼びかけにも 応えない美鈴を連れて
慌てて 獣医先生のところへ駆け込みました。

美鈴の状態は 「低血糖発作」
今回は 餌の管理を怠った 私の ミステイクです。
丸一日かけて 点滴してもらいました。

なかなか 正常の状態に戻らない美鈴。

昨日も 朝一番に 獣医先生のところで 点滴を受けました。
土曜日 日曜日と 続けて点滴を受け
やっと・・少しずつ 元気を取り戻してきています。

今日は 薬を 口から 飲むことが出来たし
餌も 少量ながら 自分で 食べられるようになりました。

まだまだ 楽観は出来ないけれど
緊急事態を乗り越え ほっと 一安心・・・です。


実は 美鈴の緊急事態と平行して
我が家では 主人と私の 壮絶なバトルが続いています。

原因は・・美鈴のこともさることながら
主人が 友人からのお誘いを断りきれず
自分の体調が悪いときにでも 飲み会に出かけてしまうこと。

主人のお酒は とても 楽しいお酒なので
友人からのお誘いが 引きもきらず・・です。
そして 結果的には 自分の体調を崩してしまうことが多いんです。

そんな主人をたしなめると・・・

「お前には 男の付き合いがわからない!
いちいち 口出しするな!」と 

私は 主人の体調も心配なので 
ついつい 目くじらをたててしまい
口うるさく 文句を言っているのだと思うけれど。

それにしても 主人の自覚のなさは どうにかして欲しい。。。


ランキングに参加しています。
応援 よろしくお願い致します。
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ


| 2007.07.02 Monday | 家族 | comments(2) |

みぃちゃん・・頑張れ!!
13:05
6月第3週
今朝は うす曇り・・・
主人は 朝早く 出勤。

フェレットの美鈴の様子が変・・・
インスリノーマという病気(インスリンの調節が出来なくなって 低血糖症状を起こし 放置すると昏睡状態から死に至る)と
副腎腫瘍を併発しているので
食事のコントロール(空腹時間を長くしないようにする)をしている。
ここ数日 自力で 餌を食べていたのだけれど
今朝は フラフラの足取りで ふやかしてお粥状にした餌に 見向きもしない。
空腹が続くと かなり ヤバイので
シリンジ(注射器みたいなもの)を使って 
強制的に 口の中へ 餌を入れてあげたのだが
どうしても 嫌がって 吐き出してしまう。
仕方なく 医療用のミルクだけでも・・と 思い
16cc飲ませた。

抱き上げて 飲ませてる時も
力なく 体中を 私の腕にあずけて
ぐったりした様子・・・

このままでは まずい。。。

もう一度 餌を 口の中へ 押し込み
吐き出させないように 口を おさえていた。

諦めたのか・・少量ではあるけれど 飲み込んでくれた。

そのまま ケージへ 戻し
様子を見ることに・・・


昼時 もう一度 ミルクを飲ませて・・・
ケージへ 戻した。

今 身動きひとつせず 眠り続けている。

夕方 このような 状態が続くようなら
今日も 獣医先生のところへ 連れて行かなければ・・・

美鈴は 今年の1月に里子として我が家へやってきた
5歳半になる 女の子。

フェレットの平均寿命は 5〜6歳といわれているので
そろそろ 危ない年齢ではあるが・・
里子に来る前 劣悪な環境で 飼われていた子なので
せめて うちへきて1年くらいは 楽しい思いをさせてやりたいと思っている。

だから・・・病気に負けずに 頑張れ!!
みぃちゃんのママは ずっとみぃちゃんを看病するからね!

午前中 主人から 連絡あり。
主人が 車で出張のときは 地図を私がPCで調べ
主人の携帯端末へ 情報送信する。

主人のNAVIをしていると・・・
仕事を手伝っている気分!!

今日も 私と銀司と美鈴のために
頑張って 働いてね♪
頼りにしてますよ!!

| 2007.06.18 Monday | 家族 | comments(2) |